FC2ブログ

ぎんがのうち 

永遠に繰り広げられる 光と闇のランデブー。螺旋に揺らぎながら僕らは今日も歌い踊る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天気読み



東京地方には昨夜から

強風が吹き続けている

風の源がどこなのか

はっきりしたことは僕にはわからないが

僕の感覚では この風は 太平洋のはるか彼方

地球の裏側から 届いている感じがする



アマゾンの森が焼かれているという

日々焼かれつづけているという


僕は

もはや森を失ったかにみえる

渋谷の街のブックストアの4Fでその事実を知るのだか

これらの無数の本の紙が どこから来るのか僕は知らない



東の空に 昼間の 月がのぼっている

太陽を追いかけながら 水色の中空に浮かんでみえる彼女は

どんな風に地上の 移ろいを眺めているのだろう


月のうえにも はたして風が吹くのだろうか 

どんな匂いの どんな温度の風だろう


お日様が高くのぼる真っ昼間に

お月様の話をすると 奇妙な感じがするだろうか


ましてや月の風


僕ら 人間の中にも 絶えず風が吹いている

そう断言してみる


風は 変化を 移ろいを 感じさせてくれる

台風がやってきたときの

子供のころ感じたあのワクワク


圧倒的な力のまえに 僕はワクワクしながら

窓ガラスに額をくっつけて

風に吹き飛ばされる ガラクタを眺めていた


きっと風にも いろんな表情や気分があって

醒めている人は いつだって

風の声に耳を澄ませ聞き分けるのだ

風の谷のナウシカみたいに




ぼくのなかの風が騒ぐ

その風は 街を超え 川を超え

隣の街をも超え はるか大洋をも超えていく

なめらかな球体の描きだす 

果てしないブルーの絨毯を 撫でながら

生まれいでた風は 地球のちょうど裏側の大陸にたどりつく



そこで私は 風の源の秘密を かいまみるのでしょうか




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。